オイルフィニッシュ塗装とは、植物性の乾性油を 木材に浸透させ 耐久性を上げ 木材を内側から保護する塗装です

この塗装法は 塗膜をほとんど形成しませんので 木の本来の美しさを感じられる自然な仕上がりになります


木に直接触れられるという事が 素材を感じるには この上ない事だと考えています

基本的にクリア色のオイルのみを使用しておりますので、当店の家具は 木そのものの色です

使い込むほどに 飴色になり ツヤも増します

使い方や 生活のリズムによって それぞれ家具も歳をとります

人と同じく 木によって その変化は様々ですが、木ならではの味わいと風格を増し 美しい経年変化を見せてくれます


オイルフィニッシュ塗装とは異なり、一般的に 量産されている家具のほとんどは ウレタン塗装です

強い塗膜を形成するので ウレタン塗装は耐久性に優れており、メンテナンスはほとんど不要です。

ただ その塗膜が剥がれたり キズがついた時には オイルフィニッシュの様に ご自分で簡単にメンテナンスをする事は困難です

塗膜が厚いぶん 木そのものの質感も 残っていない家具が多い様に思います

一長一短で お手入れが楽なぶん 質感が損なわれています

合皮の靴にも アクリルのニットにも 同じ事が言えるのではないでしょうか

適材適所だと思いますので 全ての家具が無垢材のオイルフィニッシュであるべきだとは思っていません

お手入れをしながら使って頂くという事 お手入れに応えられる家具である事、経年変化を感じられる事、使う喜びを感じられる事

大切だと考えているのは そういった事です


古くならない家具は無いです

キズや凹みを含めて 永く風合いを楽しんで頂ける塗装がオイルフィニッシュです

皮革製品が その感覚に近い気がします

油分を補う事で 補う度に美しさを感じられます

その質感は 合皮では味わえません

メンテナンスは面倒かもしれませんが  それ以上のものが得られると思います

キズを目立たなくし ある程度のツヤを与える為のメンテナンス、それができる事がオイルフィニッシュの特徴です


普段 お使いになる際の注意点は、木が 水分や熱の影響を受ける という事です

濡れたものを長時間放置された場合には 輪ジミが残りやすくなりますし、熱いものを直接置かれますと 跡が残る事があります

直射日光の当たる場所や 冷暖房の直接あたる場所でのご使用、湿気や乾燥の著しい場所では 木の反りやワレが起こります

これは オイルフィニッシュの家具だけでなく、全ての無垢材の木製品において 同じ様な傾向の変化が起こり得る可能性があります

オイルフィニッシュの家具のみに限らず、お使いの木製品全般において 上記にご留意頂くと良いと思います

ただ 無垢材オイルフィニッシュの家具は ほとんど塗膜を形成せず 木そのものの状態に近いので、

ウレタン塗装や 合板を使用した家具などと比較して、木が持っている特性が強くなり 上記の様な傾向が大きいとお考え下さい


メンテナンスは簡単です

またメンテナンスを繰り返す事でシミなども付きにくくなります

具体的なメンテナンス方法は 次ページをご参考にしてみて下さい

こうでなくてはいけない という事ではありません

ご自分に合ったメンテナンス方法を見つけて頂くのも それも楽しみの一つではないかと思います


 メンテナンスについて

 

オイルフィニッシュについて